相続専門

オフィス

相続専門の弁護士でも商売になる時代が来ている

弁護士も専門家が進んでいます。それだけ世の中が複雑になっとおり、起きてくる社会現象の解決も一筋縄ではいかないようになっています。したがって弁護士も一人の力で解決できる事案が少なくなってきており、大手事務所が仕事を集中的に受託する傾向が顕著となっています。しかしながら相続については今回の相続税の増税の結果、税金を支払わなければならない層の大幅な増加が予測されているため相続専門の弁護士については相談件数の増加が見られます。今後は具体的な事象が起こることによって今回の増税の影響が認識されるようになりますので相続専門の弁護士のニーズが増大することと思われます。従来は相続専門では商売になりませんでしたので専門家が少ないのが現状です。

一時的なニーズで終わるかの判断は難しい

当面は相続専門の弁護士の数が不足しているのでニーズに対する供給の関係で忙しい日が続くと思われますが、一過性かどうかの判断は難しいので、安易にこの分野に専門を特化することは検討の余地があります。少子高齢化の流れは簡単には変わりませんし、団塊の世代の高齢化によって今後相続の問題を抱える人の数は確実に増えるこてゃ間違えありません。しかしながらそれが必ずしも弁護士の商売と繋がるかどうかということは別問題です。また、相続に関しては弁護士以外にも金融機関や税理士も仕事になるということで相談会を実施している現状があります。相続税の計算は不動産や非上場株式の評価など専門的な内容ですし、遺書の作成や保管ということも対象になりますので充分検討する必要があります。